HOME » 湘南エリアの住みやすさガイド » 鎌倉

鎌倉

神奈川県鎌倉市で注文住宅を建てる際に知っておきたい、住みやすさにかんする情報をまとめてみました。

鎌倉の魅力を知ろう!

砂浜

鎌倉といえば、海と山、それぞれの自然が溢れる街です。

休日のリラックスにぴったりな癒しスポット!
また、鎌倉は源頼朝が幕府を開いた地としても有名です。

今でも発掘調査をすれば、鎌倉時代の埋蔵文化財が出てくることもあるというお宝発掘の地。

国宝国指定登録文化財は216件もあります。(平成27年現在)

鎌倉の随所に点在する歴史を肌で感じてみてほしいです!
街並みもとっても魅力的です。

海沿いで江ノ電が走っていて内陸部には閑静な住宅街があります。

駅周辺には活気あふれる商店街が広がっています。

そのなかに風情ある建物が溶け込んでいて、鎌倉の自慢といっても過言ではないでしょう。

年間延べ観光客数は2196万人(平成26年度)と観光客も多く集まっているのも魅力あふれる街だからこそではないでしょうか。

人気上昇中の鎌倉移住!生活の暮らしやすさはあるの?

寺院

街並みが常に守られている

鎌倉はもともと別荘地だということをしっていますか?

明治から昭和初期にかけては別荘地でした。当時は、庶民には手の届かない特別な人々だけが暮らすことのできる場所だったのです。格式高いエリアだったのです。

今でも明治以降に建てられた、古都鎌倉のイメージとはちょっと違う洋館が残っています。

鎌倉特有の味のある風景です。

鎌倉の住人たちは、そんな鎌倉の風景を愛していて、これからもずっと守っていきたいという意識が強いのです。

行政も同じで、新しく建物を作る際に厳しい規制をしています。

鎌倉の風景を眺めるだけでも癒されるといった方には嬉しいことですね。

道が狭いなどマイナス点もありますが、街並みを守っていけることは鎌倉好きにとっては誇りとなるのではないでしょうか。

鎌倉の住人はセンスがいい!

鎌倉に住んでいる人は自然体で自分なりのライフスタイルを築き上げていることが多いです。

30代や40代でも鎌倉という風土に価値を感じ楽しんで過ごしている人はキラキラと輝いています。多少の不便な部分も受け入れているようです。

鎌倉を本気で好きな方であれば移住はおすすめです。

注文住宅でライフスタイルや趣味に合わせた家を建てるのも鎌倉という土地にぴったりです。

鎌倉の暮らしは飽きない!プライベートが充実!

海が近いので海好きにはたまらない!具体例ですが、サーファーの方にはベストかと思います。

鎌倉駅から15分くらい歩くと由比ヶ浜につきます。休日は海にのんびりしに行くことができますね。鎌倉には回りきれないくらいいろんなお店があります。雰囲気のいいカフェなども多くあります。

住んでいて全く飽きのこない場所ですね。

有名なお寺や神社もすぐ側にあるのは自慢になりますね。ちょっと足を伸ばせば茅ヶ崎や藤沢、逆方面なら逗子、葉山にも割とすぐ行けてしまう立地です。

意外と横浜も近く、電車で30分くらいで到着します!

鎌倉から東京へ通勤されている方も多くいらっしゃいますので、生活に支障はないようです。

東京勤務の方にも問題ない距離間かと思います。

鎌倉幕府が開かれた歴史の深い鎌倉での住みやすさ

鎌倉の大仏神奈川県鎌倉市は、源頼朝が鎌倉幕府を開いた場所であり、数々の日本の歴史を実感できる都市で、現在ではその歴史の空気に触れてみたいという観光客が、神社や仏閣などを見学に訪れる観光都市としても有名です。

また、広大な海とそびえたつ山々に囲まれた、地形に恵まれた土地にあるため、毎年のように四季折々の自然を楽しみたいという人々も数多く訪れます。

主要駅である鎌倉駅の東口は、そうした観光客が買い物を楽しむ商店街が広がっており、土産物屋や飲食店などが軒を連ねています。

対照的に反対側に位置する西口は、そんな観光客の喧騒とはちがった静けさが広がる場所で、鎌倉市役所や地元の人々が訪れる静かな商店街あるため、喧噪に煩わされることのない生活を送ることができるでしょう。

都心へのアクセス

鎌倉駅には、東日本旅客鉄道(JR東日本)と江ノ島電鉄のふたつの路線が通っています。

2016年現在、東京駅経由で総武快速線と直結、また、新宿経由で宇都宮線に直通している湘南新宿ラインの停車であるため、都心へは約60分ほど。

江ノ島電鉄の終着駅でもあるため、アクセス面は比較的良好といえるでしょう。

住宅事情

近年では、その景観のすばらしさから鎌倉に注文住宅などの居を構えたいという人たちが増えてきます。一番の人気スポットは旧市街地。

鎌倉ならではの歴史を感じらえる場所で静かに暮らしたいというニーズが高まっているようです。その分、駅から20分圏内は価格が高くなりがちで、坪単価が100万円前後になるところも多いといわれています。

また、鎌倉市は風致地区に指定されている場所でもあります。これは都市開発計画法で定められている制度で、建築物を建てる際には、まわりの景観を崩すことがないように配慮しておかなければなりません。

そのため、建物の高さや建ぺい率、道路と建物の距離などで制限があることを覚えておきましょう。

鎌倉の住環境とは

豊かな自然と歴史のある街

鎌倉というと海のイメージがあるかもしれませんが、実は起伏に富んだ地形となっており、北部には山林が広がっています。

市の中心には豊かな自然に囲まれた鎌倉中央公園があり、四季折々の風情を感じられるスポットとして人気です。災害時の広域避難場所にもなっていて、万が一に備え飲料水などが蓄えられています。

由比ガ浜、稲村ヶ崎の海岸線にあるのは鎌倉海浜公園。晴れた日には遠くまで見渡すことができ、とても気持ちの良いスポットです。由比ガ浜地区には複合遊具があるため、ファミリーにも好評。江ノ電車両の展示もあります。

鎌倉を語るうえで欠かせないといえば、歴史でしょう。かつて鎌倉幕府が置かれたこともあり、さまざまな名所が存在しています。

自然環境と都市のバランスがいい

自然環境を残しつつ、都市機能も備えているのが鎌倉市の魅力です。農地・山林・河川などの自然的土地利用は40.5%。これに対して都市的土地利用は59.5%で、ちょうど良いバランスになっています。

そのうち住居系用地は30.6%です。東京・横浜方面へのベッドタウンとしての人気の高さがうかがえます。自然に親しみたいけれど、都市部にも住みたいという人には最適のエリアです。

参考:鎌倉市の概要|2.土地利用の状況

さらに緑化を推し進める方針

鎌倉市では1996年に「鎌倉市緑の基本計画」を策定し、緑地の確保・緑の質の充実・緑のネットワークの結成に取り組んできました。山・海の自然と、人・歴史の共生を目指すことが主な目的です。都市公園を今後も整備していき、緑地を保全するとともに、緑化を推進していきます。

2011年には、低炭素都市づくりや生物多様性保全など、社会動向も踏まえた改訂が行われました。引き続き緑地を確保して、都市としての質を高めていくことを目標にしています。

鎌倉での子育て

鎌倉の子育てにかかわる情報をご紹介します。子育てに役立つ助成金や給付金、そして子どもたちが通う幼稚園や小中学校をご説明します。

鎌倉の子育てに関する助成金・給付金

鎌倉では、以下のような子育てに関する助成金・給付金事業を行っています。

小児医療費助成

0歳~中学3年生までのお子様に対して、医療費の自己負担分を助成する施策です。なお、小学校1年生~中学校3年生の助成には所得制限があるため、十分に医療費助成制度について確認する必要があります。医療費が助成されるからこそ、気軽に病院に通いやすくなり、病気の早期発見・早期治療にも役立つでしょう。

未熟児養育医療給付制度

出生時の体重が2000グラム以下、もしくは身体の発達が未熟な状態で出生した未熟児(0歳児)の入院医療にかかる費用を鎌倉市が助成する制度です。助成の申請を行う際には、事前にこども相談課家庭支援担当に問い合わせる必要があります。

児童手当・児童扶養手当

児童手当は、保護者の経済的負担を軽減することで、健康的な子どもの成長に繋がること願って給付されています。所得や子どもの年齢により支給額は変動します。一方。児童扶養手当はひとり親家庭等を対象にした助成制度です。

特別児童扶養手当

精神や知的、身体障害を持っているお子様の保護者や、その保護者に代わって養育中の方が受け取ることのできる助成金です。

幼稚園等就園奨励費

2019年10月の幼児教育・保育の無償化に伴い、幼稚園等就園奨励費の補助は現在行っていません。

ひとり親家庭等医療費助成

母子家庭の母と子、父子家庭の父と子、両親のいない児童の養育者と児童に対して、通院・入院にかかった自己負担分の医療費を鎌倉市が助成します。児童が18歳の誕生日を迎えた次の3月31日までという期間はありますが、それでも親子で医療費の助成を受けられるのは、経済面でありがたいのではないでしょうか。

対象の児童のなかで、中度以上の障がいがある・定時制高校等に在学中という場合は、20歳未満まで助成期間が延長します。

在宅子育て家庭支援事業

ファミリーサポートセンターや家事支援の利用料の一部を助成しているのが、在宅子育て家庭支援事業です。在宅にて子育てをしている方の経済面を支援することで、家計への不安を解消しているのでしょう。

上限額はファミリーサポートセンター350円/1時間、子育て支援業者500円/1時間です。また、利用可能時間の限度も設定されており、10時間/1ヶ月、家事支援のみ利用の場合は2時間/1日となっています。

在宅で子育てをしている家庭などは、ファミリーサポートセンターの育児支援や家事支援の利用料の一部が助成される「在宅子育て家庭支援事業」などもあります。

鎌倉の幼稚園・保育園・小中学校

鎌倉には小学校が16校、 中学校が9校、幼稚園が23園あります。

私立幼稚園就園の際、通園での経済的負担を軽くするために「私立幼稚園等就園奨励費補助金」を受け取れます。

また鎌倉では、経済的な理由により就学の必要経費が捻出できない保護者の方のために、学用品費や宿泊を伴う郊外活動費用などの「就学援助制度」もあります。

鎌倉の公立保育園の定員

鎌倉の私立保育園の定員

鎌倉の認定こども園の定員

参照:鎌倉市公式サイト
(https://www.city.kamakura.kanagawa.jp/hoiku/bf510.html)

鎌倉市民から見た住みやすさ

市内に住んでいて買い物に困ることはありません。駅前の商店街をはじめ、食料品や日用品など安く買える店がありますし、スーパーや家電量販店、ホームセンターなどもあります。医療面では、内科から眼科、歯科まで各科目の病院があって不足はありませんが、大きな病院がないのは不安要素の一つです。自然に関しては山も海もあって、パワースポットには事欠かない状況です。治安は注意したほうがいい場所もありますが、全体的には秩序があって安心して暮らすことができます。

一般道で頻繁に発生している渋滞は気になりますが、電車の利便性は悪くありません。川まで40分で行けますし、横浜に至っては東海道線で15分程度で到着します。住宅地の多い街であり、地域の繋がりも密接で、治安はすごくいいと思います。くつろげる公園や自然もあって、子供から大人まで一緒に暮らせる街という感じ。ただ、意外に坂の多い街でもあるので、高齢者には辛いかもしれません。

鎌倉は日本を代表する観光地ということもあって、街並みや景観には風格があり、住んでるだけで誇らしい気持ちになります。ただ、有名な観光地ゆえに週末を中心に駅周辺の道路がいつも渋滞しており、車を使いづらいのが難点。車以外の公共の交通機関が整備されているので、対処する方法はあります。医療は個人経営の医院がたくさんあって安心ですが、できれば大学病院など規模の大きな病院施設ももっと増えてほしいなと思います。

伝統と文化、観光地のイメージも強い鎌倉ですが、子育てや教育環境も充実していると思います。小学校、中学校は各地域にバランスよく設置されていますし、駅周辺になりますが、有名な学習塾もたくさん開設されています。鎌倉では里山を守る活動も積極的に行われていて、規模の大きな自然公園が整備されていることは、自然の中で子供たちをのびのび遊ばせたい親にとっては心強い限りです。自治会が主催するお祭りや行事も多く、古き良き伝統文化を学ばせるための環境も整っています。

子育て家庭にとっては恵まれた環境ではないでしょうか。駅周辺を中心に保育園、こども園、小学校、児童館、図書館、学習塾と教育施設や公共施設が整っており、習い事の施設も充実しています。保育園は画一的ではなく園ごとに特色があり、親は子供の特性を見極めながらふさわしい園を選ぶことができます。あと鎌倉は子供の数が一頃より増えてきてるようで、非常に活気があります。教育環境がいい証拠でしょうね。

土地相場に関する情報

鎌倉市の平均地価は?

引用元:土地代データ(https://tochidai.info/kanagawa/kamakura/)

海沿いのエリアから山あいのエリアまで、幅広い地域に広がっている鎌倉市。その中でも、市の中心となる鎌倉駅やその隣の和田塚駅エリアベイサイドの七里ヶ浜エリアなどは人気となっており、地価も高くなってきています。

ただ、同じベイサイドでも稲村ヶ崎などは地価が下がっています。なお、山あいの地域は全体的に地価が下落傾向にあるところの方が多いようです。土地を買う際は、相場だけでなく周辺環境も踏まえて探したいところですね。

鎌倉市の人気エリアは「鎌倉駅周辺エリア」

地価が高い傾向にあるのは、鎌倉駅やその周辺のエリア。JR横須賀線が通っているので、横浜など神奈川県の主要エリアへのアクセスがいいのが人気の理由と言えるでしょうか。

また、沿岸部の七里ヶ浜界隈は、最近ではオシャレなカフェが増えてきていることなどから、デートスポットとして注目を集めているエリアとなっています。地価が上がってきているのは、こうした注目度に比例しているのかもしれません。

引用元:土地代データ(https://tochidai.info/kanagawa/kamakura/)

鎌倉市で地価が低いエリアは「片瀬山」「西鎌倉」「今泉台」など

鎌倉市の中でも、山あいのエリアは比較的地価が下落傾向にあります。

アクセス面などの問題があるということかもしれませんが、裏を返せば静かで過ごしやすいといえるでしょう。

また、同じ市内に海があるので、海と山、両方の自然が身近に楽しめるという面では、情操教育の面でもいい影響があるかもしれませんね。

引用元:土地代データ(https://tochidai.info/kanagawa/kamakura/)

小学校・中学校の学区と周辺エリアの特徴

鎌倉市には16の小学校、9つの中学校があります。基本的には通学区が決められているので、これからお子さんを学校に通わせるということであれば、比較的小学校・中学校から近いところに住居を構えるのがいいでしょう。

鎌倉駅近辺には、ある程度学校の数があり、お子さんを通わせやすいエリアだと言えそうです。

一方で、それ以外の地域となると学校の数が少し少なくなり、特に電車の通っていない中間の地域には学校がないところもあります。

小さいお子さんがいらっしゃるのであれば、住居を構える際には注意をした方がよさそうです。

中学校の数も、市の面積の割には比較的少なく、小学校のないエリアには中学校もありません。また、江ノ島電鉄の和田塚〜腰越のエリアにも中学校はないので、学校を土地探しのポイントにしているのであれば、気を付けておくようにしましょう。

鎌倉でおすすめの工務店

家づくりで重要なことは、デザイン性だけでなく素材や性能なども重視して、大切な家族が安心して暮らせる住まいを建てることです。以下では、鎌倉エリアにて施工を行う工務店を紹介しています。

la boite(ラ・ボワット)

la boite(ラ・ボワット)の素材へのこだわり

住む人や環境に優しい自然素材を積極的に提案してくれる工務店です。オーク材やチーク材、パイン材などの無垢材を使用したフローリングは、素足で歩いてもべたつかず木材ならではの温かみを感じられるでしょう。また、珪藻土やエッグウォールといった自然素材も採用しています。

la boite(ラ・ボワット)の耐震性へのこだわり

在来軸組工法をベースに2×4工法の良いところをプラスした構造躯体が特徴です。また、「住宅性能表示制度」における耐震等級3を取得しています。ビルトインガレージや3階建て住宅の場合は、木骨構造であるSE工法の提案が可能です。

la boite(ラ・ボワット)の省エネへのこだわり

住まいの機能性を向上させ、なるべく消費エネルギーを抑えた省エネ住宅の家づくりを得意としています。気密性や断熱性が高いだけでなく、一次エネルギー消費量に見合った創エネ設備を設けるなどの工夫を凝らしている工務店です。

会社概要

イソダ

イソダの素材へのこだわり

イソダでは良質な神奈川県産材を利用し、地域ならびに地球環境に貢献した家づくりをモットーとしています。神奈川県では桧や杉などの人工林が多く、寒暖差の激しい環境で育ってきたため、高い耐久性を有しているのが特徴です。

イソダの耐震性へのこだわり

住まいのメンテナンスを定期的に行い、永く快適に暮らして欲しいという想いから、創業以来「ストック活用型」の家づくりにこだわってきた工務店です。イソダでは長期に渡り生み続けられるよう、耐震等級3の家づくりを基本としています。

イソダの省エネへのこだわり

省エネ性能と同時に家族の健康維持にも力を入れており、1年中快適な室内環境を保てる高気密・高断熱の住まいを提案しています。そのため、少ないエネルギーで心地よい室温になるため、諸経費の削減が可能です。

会社概要

技拓

技拓の素材へのこだわり

技拓では、耐久性が高く腐りにくいという特性を持つ「ウエスタン・レッドシダー(米杉)」を標準仕様としています。ウエスタン・レッドシダーは、桧よりも香り高い木材で、室内にいながら森林浴をしているような爽やかさを感じることができるのが魅力です。

技拓の耐震性へのこだわり

意匠性の高い自由な設計ができるうえ、高い耐震性や耐火性、断熱性や気密性を持つ2×4工法での家づくりを手掛ける会社です。床・屋根・壁が一体化しているため、地震や台風による揺れを6面全体で受け止めて分散します。

技拓の省エネへのこだわり

2×4工法で建てられた住まいの内装壁や石膏ボードの継ぎ目に、ジョイントテープとパテ処理を行うことで、気密性の高い大壁を形成する「ドライウォール工法」も採用。家の隙間から外の空気が入り込みにくくなるため、室内の温度を一定に保てます。

会社概要

まとめ

鎌倉は、多くの神社仏閣などの歴史的遺産や海、山などの豊かな自然環境に恵まれた魅力的なまちですが、普段の生活に使っているような路地では、手入れをされた生垣や草花があり季節や日本文化を感じることができます。

どの部分も鎌倉の魅力です。鎌倉ではきっと心豊かな生活を送ることができます。

自然の多い中での子育てや夢の実現に向け、鎌倉移住を検討してみてはどうでしょうか。

楽しさ抜群!居心地抜群!ハイセンスな方が住む鎌倉!とってもオススメです。一度は住まないともったいないかもしれませんね。

鎌倉にある住宅会社一覧

シントシホーム サンキホーム
シントシホームは、住む人のライフスタイルや好みの空間を作り出す設計力・デザイン力に加え、耐久性や耐震性にも長けた家づくりをしてくれる会社です。また、土地探しから一緒にサポートしてくれる点も心強いポイントです。 サンキホームでは、無垢材の1.3倍もの強度を持つ構造用集成材、オリジナルで開発した鎌倉漆喰、結合部にはSE金物を用いるSE構法(木骨ラーメン構造)など、さまざまな素材や技法を駆使し、快適な住空間を実現してくれます。
住所:神奈川県藤沢市南藤沢12-4 住所:神奈川県藤沢市辻堂元町4-15-17
山下建設 石原工務店
山下建設では、国産ヒノキ材の木造軸組みに構造用パネルを併用しています。また無垢材の床、ホタテ漆喰やサンゴ石といった人に優しい天然素材を使用し、さまざまな面から快適な暮らしを実現する家づくりを行ってくれます。 石原工務店の特徴は、湘南らしいスタイリッシュなデザイン、土地の日当たりや風の流れなどの特性を活かした自然と共存できる住宅づくりです。予算に合わせたグレードで、オリジナリティーのある家を提供してくれます。
住所:神奈川県大和市柳橋5-7-10 住所:神奈川県鎌倉市城廻396
オーソリティホームズ 松尾建設
オーソリティホームズは、住む人に優しい自然素材を採用し、風や日当たりを活かした省エネな家づくりをしてくれる会社です。そのほか、頑丈な基本構造を実現できるのが特徴です。 松尾建設では「KITOTETUパネル工法」を採用しています。また、住む人の快適さに合わせた断熱工法など、命や快適性を守る高い住宅性能と、ライフスタイルに合わせた間取りやデザインを両立させた住宅を提供してくれるでしょう。
住所:神奈川県藤沢市藤沢976-1 住所:神奈川県茅ケ崎市東海岸南3-1-15
神奈川エコハウス グッドリビング
神奈川エコハウスでは、無垢材や漆喰などの自然素材を使った家づくりを行っています。地産地消の木組みの家を基本としており、地元を大切にする気持ちも強く持っている会社です。 グッドリビングは、高品質の住宅を低価格で供給することをモットーとしている会社です。内装にモミの木を使った健康住宅や、シンプルデザインの家、諸経費がかからない家など、ニーズに合わせた家づくりを行ってくれるでしょう。
住所:神奈川県藤沢市辻堂太平台2-11-5 住所:神奈川県中郡二宮町一色3032(二宮店)
ホームスタイリング 平成建設
ホームスタイリングは、ナチュラルやシンプル、アジアンなど、さまざまなスタイルの住宅をデザインしています。社内コンペ形式をとっており、数種類のプランを提案してくれ、他社にはない独創的なプランも選べるのが魅力です。 環境に溶け込むデザインと自然素材の良さを感じる家づくりが特徴の平成建設。在来工法・SE工法・RC構造といった、さまざまなデザインに対応できる技術力のある職人を多数有しています。
住所:神奈川県藤沢市鵠沼海岸4-6-6(湘南店) 住所:神奈川県藤沢市城南4-4-26(藤沢支店)
技拓 加賀妻工務店
技拓は1974年の創業以来、湘南エリアで注文住宅の施工を手掛け続けてきたハウスメーカーです。海に近く、潮風の吹くこの地域の気候を知り尽くした会社ならでは家づくりを得意としています。 加賀妻工務店は、「できるだけシンプルなプランにする」という思想設計を持っています。機能面を考慮しながら、おもしろいと思えるデザインをつくっていくことにこだわりがあり、多くの施主からの支持を集めている会社です。
住所:神奈川県鎌倉市鎌倉山3-16-16 住所:神奈川県茅ケ崎市矢畑1395
富士建設 湘栄建設
富士建設は本社を茅ヶ崎におき、県内各エリアに事業所をもつ建設会社です。木の家の設計・建設に力を入れており、風土を生かした施工によって、暮らしやすくエコにも配慮した家づくりをしてくれます。 湘栄建設は、藤沢・大磯・平塚に拠点を構える会社です。地域に密着した家づくりが、湘南エリアの方からの厚い信頼につながっています。土地探しからサポートをお願いできる点も魅力です。
住所:神奈川県茅ケ崎市茅ヶ崎1-2-66 住所:神奈川県中郡大磯町大磯1852-2
晴海工務店
晴海工務店は、藤沢市の注文住宅会社です。「ソーラーサーキットの家」という、自然エネルギーを利用した家づくりを得意しています。日々の暮らしをより豊かにしてくれる家づくりに定評があり、住宅の企画からアフターサービスまで一貫してサポートしてくれるので、満足のいく家を建てられるでしょう。
住所:神奈川県藤沢市亀井野3274-2

自分らしい家をかなえる湘南のおすすめ工務店は?

愛する湘南で注文住宅を建てるなら、やはり自分たちがイメージする家づくりをしている工務店に依頼しましょう。湘南にある工務店のなかから、評判のよい3社をピックアップしました。あなたがイメージする理想の住まい、さっそく探してみましょう。

ラ・ボワット

湘南の工務店:ラ・ボワット工房

デザインから機能性まですべてに最適な住空間を提供

建物の外側から断熱材で覆い囲むことで、高い室内保温を実現している唯一の工務店。デザインはシンプルモダンでナチュラルカフェスタイル。ゼロエネ住宅も。

ラボワットのスペック

「ラ・ボワット」の施工事例を公式HPで見る

ベストホーム

湘南の工務店:ベストホーム

シックでモダンなデザインが得意の工務店

湘南エリアを中心に家づくりを続けています。キソパッキンとよばれる床下全域を換気できる工法で、長持ちする家をカタチにしてくれます。

ベストホームのスペック

「ベストホーム」の施工事例を公式HPで見る

せらら工房

湘南の工務店:せらら工房

赤レンガ倉庫を思わせるおしゃれなレンガ調の家造り

高性能な赤レンガの住まいづくりを行っている工務店。耐震性も抜群で家族をいつまでも守ってくれます。

せらら工房のスペック

「せらら工房」の施工事例を公式HPで見る

注文住宅で評判の優良工務店ガイド【湘南編】
湘南にある住宅事例集
注文住宅建設の流れ
湘南エリアの住みやすさガイド
湘南で注文住宅を建てる前に知っておきたい基礎知識
湘南に住む際に気を付けたいこと・注意点をまとめました

【免責事項】 このサイトは2016年6月時点の情報を個人的に収集し作成しています。 最新の情報は各公式サイトをご確認ください。

PAGE TOP