HOME » 湘南エリアの住みやすさガイド » 三浦の住みやすさについて

三浦の住みやすさについて

三浦市は三浦半島の南部に位置する小さな都市です。横須賀市よりもさらに南にあります。

都心部からは少し遠いですが、三浦市に住んでみたいと考えている人もいるでしょう。ここでは三浦市の住みやすさについて説明していきます。

自然豊かな海辺の田舎町

海辺の街

三浦市は神奈川県内の都市の中でも小さい方で、人口は45,000人くらいです。すぐ北隣にある横須賀市とくらべると、10分の1くらいの人口で、若年層を中心に横須賀市や横浜市などへの人口の流出も見られます。

神奈川県は都会的なイメージが強いですが、三浦市に限ってみれば、そのイメージとはだいぶ異なるでしょう。

地理的には東京湾と相模湾に挟まれていて、南側は太平洋に面しています。海に面している部分が多いことから、街の中も潮の香りが漂うでしょう。三浦半島の南端に位置している城ヶ島も三浦市の一部です。

三浦半島と城ヶ島を繋ぐ城ヶ島大橋は、観光スポットとして人気を集めています。海水浴場もたくさんあり、夏になると神奈川県内や近隣の地域から多数の海水浴客が訪れます。

荒井浜海水浴場や大浦海水浴場、三浦海岸海水浴場が特に人気です。他に和田長浜海水浴場や菊名海水浴場などにも多数の人が訪れます。海で泳いだり日焼けをしたりする人たちの他に、サーフィンをする人も多いです。

海岸付近はもちろんのこと、三浦市は全体的に自然が豊かで、海辺の田舎町といった雰囲気でしょう。田舎でのんびり過ごしたい人によく合っている地域です。

新鮮な野菜が手に入る

三浦市は農業に従事している人が多い傾向にあります。畑作農家が多く、大根や白菜などがたくさん栽培されています。夏場はスイカも美味しいです。

三浦市に住むということは、そういった美味しい野菜がすぐ近くで作られるため、新鮮な状態で食べることができます。三浦市内のスーパーには、地元の農家が作った野菜が多く陳列されていて、値段も安いです。

ただ、三浦市は比較的標高の高い台地が多い傾向にあります。低地も少しありますが、低地のほとんどは住宅地になっており、水田として使える低地はあまりありません。

大きな河川も通っていないことから、稲作にはあまり向いておらず、農業は盛んであるものの、米を作っている農家は少ないのが特徴です。

農業が盛んな地域であることから、神奈川県立平塚農業高等学校の分校も設置されています。都会の地域に出て行く人もいますが、自然豊かな地元に残って農業に従事したいと考えている人も多いです。

漁業が盛んな地域

漁師

三浦市は横須賀市と接している部分の他は、ほぼ海に囲まれています。

そのため、漁業に従事している人も多いのが特徴です。三崎漁港や間口漁港、金田漁港など漁港もたくさんあり、多くの漁師たちが漁に出かけます。このうちもっとも規模が大きいのは三崎漁港で、遠洋漁業が盛んです。

マグロの水揚げ量が多いことでも有名で、三浦市内の漁船の約8割が三崎漁港に集中しています。そして、農業と並んで漁業は三浦市を代表する産業と言えるでしょう。

都心へのアクセス

三浦市から東京の都心部に行くには、三浦海岸駅から京浜急行電鉄久里浜線に乗ります。

70分ほどで品川に着くので、そこから山手線か京浜東北線で東京駅まで行くというルートを使う人が多いでしょう。

新宿や渋谷などに行きたい場合にも、品川までは同じルートで行けます。乗車時間は長いですが、乗り換えが少なく分かりやすいです。

また、神奈川県内の他の都市に行く機会も多いでしょう。横浜に行くには、三浦海岸駅で京急久里浜線快特に乗り、堀ノ内まで行きます。そこから京急本線快特で横浜に行けます。直通になっているので乗り換えは不要です。

所要時間は50分くらいなので、けっこう遠く感じるかも知れません。横須賀中央駅にも京急久里浜線快特と京急本線快特で行くことができます。横須賀は近いので所要時間は20分くらいです。

住宅事情

三浦市内の地価は坪単価の平均で約22万円です。神奈川県内の地域の中では、かなり安い方と言えます。ただ、ワンルームマンションの家賃相場は、横須賀市とそう大きな差はありません。5万円前後の家賃で借りられる物件が多い傾向にあります。

三崎地区や三浦海岸駅周辺に商店街が広がっており、三浦市の中でも賑わいを見せる地域です。昔ながらの商店街が安心感を与えます。三浦市内には大きなスーパーもいくつかあり、普段の買い物などは市内で済ませることができます。

高校は分校も含めて三浦市内には2校しかありません。そのため、横浜や横須賀などの高校に通う人が多いです。

土地相場に関する情報

三浦の平均地価は?

参照元:土地代データ(https://tochidai.info/kanagawa/miura/)

三浦市の平均坪単価は神奈川県全域でみても比較的低くなっているのが特徴です。人口の推移を見てみるとここ数年間は「社会増」となっており、転入率の高さがうかがえます。

主要エリアと比べると交通網が発展した地域だとはいえませんが、北隣の横須賀市以外はすべて海に囲まれている自然豊かでのどかな環境が魅力のエリアです。

三浦の人気エリアは「三浦海岸」周辺

三浦海岸の平均坪単価は346,399円となっており、やはり駅チカであるほど坪単価も高くなる傾向があります。

駅周辺はスーパーや飲食店、書店などが立ち並び、普段の買い物も不便することはありません。お子様の急な怪我や発熱があっても近くに病院があるので働くお母さん世代にも心強いエリアとなっています。

市外へのお出かけでは、海岸線に沿って京急久里浜線や国道134号線が通っているため、時間をかけることなく移動ができるのもメリットと言えるでしょう。

参照元:土地代データ(https://tochidai.info/kanagawa/miura/)

三浦で地価が低いエリアは「三崎口」

三崎口の平均坪単価は195,183円で人気エリアの「三浦海岸」と比べると151,216円安いエリアです。

三崎口エリアは立地は自然に囲まれた温暖な気候が特色のひとつとして挙げられ、冬は底冷えしにくく、夏は釣りや散歩に出かけてのどかな環境を楽しむことができます。バスが主な交通手段となりますが、本数が少ないことや最終便が早いことがありアクセスが少々不便だという声も…。

そのほかにも地元で採れた美味しい野菜を安く手に入れることができたり、天気がいい日は富士山を見ることができるお得なエリアなのでぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

参照元:土地代データ(https://tochidai.info/kanagawa/miura/)

小学校・中学校の学区と周辺エリアの特徴

三浦市内小中学校数は、小学校が8校に中学校の3校を合わせた計11校。少子高齢化の対策と小学校の諸課題への対処を目的とした「三浦市学校教育ビジョン」による取り組みを積極的に行っていることが特徴です。

学区は北部・中部・南部とまんべんなく配置されているのでお子様の通学に関して安心できるエリアとなっています。

助成金・補助金について

三浦エリアでマイホームを建てる際にどのような助成金・補助金が出るのか、具体的にどういった条件で助成金・補助金が降りるのかを解説します。

地震に備えるためにまずは簡易診断を

地震から大切なマイホームを守るために耐震診断や耐震改修工事の推進・補助金の支払いを行っているのは先に記載した通りです。

耐震改修を行う際には、以下の段階にて診断と工事が行われます。

  1. 簡易診断
  2. 一般診断
  3. 耐震改修設計
  4. 耐震改修工事/耐震改修工事管理

この中で一番はじめに記載した簡易診断を必ず受けなければ、補助金を申請することができません。そのため、必ず簡易診断を受けることから始めましょう。簡易診断の実施費用は3万円。そのうち2万円が補助されるため、実質自己負担額は1万円となります。

簡易診断は、住宅が持つ現在の耐震性能を知る手がかりとなり、地震から家と家族を守る大切な手段です。耐震基準を満たしていれば安心できますし、基準値を満たしてなければ耐震工事を依頼する決断ができます。

このように簡易診断を受けることで、耐震性能についての意識を高めることが可能になるのです。

子育て情報について

三浦市小児医療費助成制度

子どものケガや病気には、心配はもちろん、経済的な不安を持つことも少なくないでしょう。保険診療の対象になっていても通院や入院等で病気やケガが長引いた場合の費用は、家計の大きな負担となってしまいます。

そこで、三浦市は0歳~中学3年生までのお子様を対象に、保険診療の範囲内の自己負担額を無料にする施策を行っています。

これにより、医療に関わる経済的負担が格段に少なくなり、保護者の方も心に余裕を持って、健やかな子どもの成長を見守ることができます。

なお、しっかりと交付申請を行わなければ助成制度が適用されないため、三浦市公式ホームページにて申請事項の確認は必須です。

幼稚園就園奨励費補助

三浦市は私立幼稚園に通園させる際、入園料・保育料の一部に対して補助金を交付しています。保護者の方の経済的負担を少しでも減らそうという目的を持って実施されている施策です。

申請~交付まで、通園している幼稚園にて行われるため、送迎の際やお電話などにて問い合わせることが可能です。

子育てサロン

無料で誰でも利用できる子どもと親のためのコミュニティです。子育てサロンでは、様々な遊びや季節ごとのイベントを体験することができ、親子のコミュニケーションやほかの子との触れ合いを可能にしています。

また、子育て講座を開催したり、子育てに関する相談を受け付けていたり(電話も可)と、パパママにとっても学びの場として活用することができます。

さらに、出産予定がある方も赤ちゃんと触れ合うことができるため、生まれてくる赤ちゃんとのコミュニケーションの取り方の参考にもなるでしょう。

まとめ

神奈川県は都会と田舎が入り混じっている地域で、三浦市はその中でも自然豊かな田舎の地域に入るでしょう。

海に囲まれているため、漁業が盛んで海水浴場も多いです。若年層の人が都会に出て行くため、人口が減少傾向にありますが、UターンやIターンなどで三浦市に住みたいと考えている人も少なくありません。

自然豊かな環境で過ごしたい人におすすめできる地域です。

自分らしい家をかなえる湘南のおすすめ工務店は?

愛する湘南で注文住宅を建てるなら、やはり自分たちがイメージする家づくりをしている工務店に依頼しましょう。湘南にある工務店のなかから、評判のよい3社をピックアップしました。あなたがイメージする理想の住まい、さっそく探してみましょう。

ラ・ボワット

湘南の工務店:ラ・ボワット工房

デザインから機能性まですべてに最適な住空間を提供

建物の外側から断熱材で覆い囲むことで、高い室内保温を実現している唯一の工務店。デザインはシンプルモダンでナチュラルカフェスタイル。ゼロエネ住宅も。

ラボワットのスペック

「ラ・ボワット」の施工事例を公式HPで見る

ベストホーム

湘南の工務店:ベストホーム

シックでモダンなデザインが得意の工務店

湘南エリアを中心に家づくりを続けています。キソパッキンとよばれる床下全域を換気できる工法で、長持ちする家をカタチにしてくれます。

ベストホームのスペック

「ベストホーム」の施工事例を公式HPで見る

せらら工房

湘南の工務店:せらら工房

赤レンガ倉庫を思わせるおしゃれなレンガ調の家造り

高性能な赤レンガの住まいづくりを行っている工務店。耐震性も抜群で家族をいつまでも守ってくれます。

せらら工房のスペック

「せらら工房」の施工事例を公式HPで見る

注文住宅で評判の優良工務店ガイド【湘南編】
湘南にある住宅事例集
注文住宅建設の流れ
湘南エリアの住みやすさガイド
湘南で注文住宅を建てる前に知っておきたい基礎知識
湘南に住む際に気を付けたいこと・注意点をまとめました

【免責事項】 このサイトは2016年6月時点の情報を個人的に収集し作成しています。 最新の情報は各公式サイトをご確認ください。

PAGE TOP