HOME » 湘南エリアの住みやすさガイド » 平塚市に住むことをお薦めする理由

平塚市に住むことをお薦めする理由

 神奈川県平塚市は、相模湾と相模川と隣接する市で海と山という自然が豊かなエリアです。

神奈川県の中の横浜市や鎌倉市など有名なエリアと比較すると、平塚市の知名度はそれほどありませんが、家族連れで住むには非常にオススメのエリアです。

平塚市の妊娠・出産支援について

出産

平塚市では妊娠をしたら必要になる母子健康手帳の交付や、妊婦健康診査などはもちろんですが、その他にも父親母親として成長するための子育て支援を実施しています。

子育て支援の一環として、出産が近くなったお父さんとお母さん向けに、保育所へ行き本物の赤ちゃんと一緒に過ごすことのできる「もうすぐパパ・ママ体験」を受けることができます。この体験では実際に赤ちゃんを抱っこしたり、オムツを替えたり、ミルクをあげることができるので、自分の子供が生まれてからの扱い方やイメージ作りに役立てることができます。

母親教室などでも人形を使って学ぶことはできますが、本物の赤ちゃんと対峙することでよりリアルに産後の子育てを実感できるようになります。この他にも、平塚市では出産についての相談サポートや、歯科検診などの健康管理についてもしっかりとサポートを受けることができます。

不妊治療や不育症についても相談窓口を設け、積極的にサポートを行っているため、2人で抱え込まずに上手に利用しましょう。

神奈川県で実施されている「マイME-BYOカルテ」と連携する電子母子手帳を交付しており、市が発信する最新情報や、予防接種のスケジュール、子供の身長・体重の管理をスマホで簡単に行うことができるサービスも実施しています。

平塚市の子育て支援サービスについて

子育て

平塚市では、積極的に子育ての支援サービスを行っており、市のさまざまなサービスを受けることが可能です。

0歳から中学生まで児童手当を受け取ることができたり、身体障害の状態にある児童への扶養手当を受給することができます。

また、婚姻歴のないひとり親家庭の場合、控除のみなし適用を実施しており、申請をすれば税金の負担などが軽くなります。男性が積極的に子育てをするイクメンに関するイベントや情報提供を行い、女性だけではなく男性の子育てに対しても積極的に支援しています。

子供が大きくなるにつれて病気や怪我などで病院へ行くことが多くなるため、医療費がかさみますが、小児医療助成制度を利用すれば平塚市の場合、中学3年生までが医療費助成対象となるので、家計の負担を少しでも軽くすることができます。

子供が利用できる図書館での読み聞かせや、赤ちゃんと保護者が一緒に参加できる映画会などを実施しています。

博物館では星の観察や投影など、幼児〜一般向けにイベントを実施しています。このような会を通して、地域住民の交流もできるので、積極的に参加して保護者同士のつながりを増やすこともできます。

平塚市の学校教育について

図書館

現在平塚市には小学校が28校、中学校は15校あり、小学校生の人数は12,902名、中学生は6,556名です。(平成28年5月1日現在)平塚市は学校教育に力を入れており、いじめ防止対策には力を入れています。

いじめ問題対策調査会や、協議会を設置し迅速に解決できるよう、学校だけではなく市が積極的に取り組んでいることが感じられます。

それぞれの学校で学力・学習状況調査結果の分析についての報告書や、各教科についての調査結果を公表しており、公式サイトを確認すれば平塚市内の全学校の現状を知ることができます。

他にも学力・学習状況調査結果と共に、生活習慣の改善など家庭で取り組んでほしいことをメッセージとして発信しており、学校と家庭が協力して子供を育てていくという姿勢が伺えます。

子供を預ける親としては、教育はもちろんですが、学校給食の内容についても気になります。平塚市の各小学校では、1年間に1度放射線物質の測定を実施しており、安全対策についてもしっかりと行われていることが分かります。

各小学校に放射線量が異なっているため、比較することもできます。また、生活保護を受けているなどの条件がありますが、児童生徒就学援助制度があり、学用品費や給食費など学校学習に必要な費用の一部を援助してもらうことができます。

平塚市の特徴について

桜

平塚市はJR東海道線の通る駅で、東京へは約1時間で着くことができます。

平塚市の周辺はゴルフ場が多く見られ、目の前には相模湾が広がり、箱根の山々を遠望することができます。平塚市は「庶民的な住宅街」で、「緑・自然が豊かで公園が充実している」という声が多く、住みやすいエリアとして認識されています。

しかし、横浜市や鎌倉市、藤沢市と比較をすると土地のブランド力が低いため、現在平塚市は選ばれるまち、住み続けたいまちの実現にむけ、イメージ向上に積極的に取り組んでいます。

今後は、今よりも安心安全に暮らせる街、ファミリーや子育て世代が住みやすい街、ショピング施設や交通網が充実し日常の暮らしが便利な街というイメージを持ってもらえる街作りを目指しています。

これらのことから、今後平塚市はより住みやすく、子育てしやすい市になっていくことでしょう。

平塚市民から見た住みやすさ

子供を強くたくましく育てようとするうえで、平塚市は好条件が整っているなと感じています。その一つが相模湾に面する海水浴場ですが、ここは単に泳げるだけでなく、周辺がよく整備されていて、散歩やジョギングをしたり、スポーツを楽しんだりすることもできます。広い公園などもあって野球やサッカーもできますし、子供に体力をつけさせる上では、もってこいの環境ではないでしょうか。また中心部からは外れますが、キャンプ場や釣りができるレジャースポットもあります。

街全体の活気は商店街を中心にある方だと思います。店や施設も多いですし、買い物や遊びに困ることもありません。子育て環境に限っていえば、全体的にいいと思いますが、就学中の子供たちが通える子育て支援施設がもっとたくさんあればいいなと感じることがあります。治安は抜群にいいとは言えませんが、それなりに地域の皆さんの努力もあって、良くなってきてると思います。あと、海や川など自然が多い点は非常にいいですね。

買い物事情については申し分ありません。駅周辺はともかく離れた場所にたくさんのスーパーがありますし、必要な物は何でも揃えることができます。治安に関してはとても良いというわけではありませんが、地域情報をあらかじめ確認しておき、危険なエリアや時間帯を知っておけば、問題なく安心して過ごせると思います。不安に感じることは、駅周辺に大きな病院が無いことです。駅から離れた郊外に行けばあるのですが、駅周辺は小さな病院が中心で大規模な医療施設はありません。

車がない我が家にとっては平塚は住みやすい場所です。というのも、市内のバス路線が非常に多く、どこに住んでもバス停が近いからです。電車も都会ほどではありませんが東海道本線駅があって、東京の新宿まで電車1本で行けますし、車がないにも関わらず移動で不便を感じたことはありません。子育て環境については、教育施設などはそれなりに整っていると思いますが、小さい子供を広い場所で放牧できるような場所が少ないです。

駅周辺にデパートや大型スーパーがないのが残念ですが、銀行や郵便局はすぐ近くにあるので便利さはまずまずです。子育て環境は人によって基準が違いますが、市全体で待機児童数がそれほど多くないことは評価できるでしょう。幼稚園や保育園もそれなりに多くあって、選べる状況にあるのはいいことです。また、子供に体力をつけさせる点でも平塚市は恵まれていると思います。自然豊かで海もありますし、綺麗に整備された公園や運動施設もあります。

土地相場に関する情報

平塚市の平均地価は?

引用元:土地代データ(https://tochidai.info/kanagawa/hiratsuka/)

平塚市は大きく3つのエリアに分けられ、最も地価が高くなるのが平塚駅周辺のエリア、その次が大磯駅周辺のエリア、そして最後が東海大学前のエリアです。

平塚駅周辺(坪単価77万円強)と東海大学前(坪単価35万円弱)のエリアで、金額が倍以上変わってきます。ただ、人によっては平塚駅前がいいと一概には言えないと思いますので、周辺環境や自身の状況など、総合的に見て土地を選んでいきたいところですね。

平塚市の人気エリアは「平塚駅周辺」

平塚市の地価は全体的に下落傾向にありますが、数少ない例外が平塚駅近辺です。平塚駅は湘南新宿ラインが通っており、都心部への通勤が電車一本で済むなど、利便性の高い地域です。そうした点を魅力に感じ、平塚駅近辺に住む人が増えているのかもしれません。

引用元:土地代データ(https://tochidai.info/kanagawa/hiratsuka/)

平塚市で地価が低いエリアは「東海大学前」

一方で、東海大学前やその周辺は、地価が前年比で2パーセントから5パーセントほど下落しているエリア。山あいの地域で一般的には不便かもしれませんが、小田急小田原線が通っていますし、道路もある程度整備されています。

東海大学に通うということであれば、この近辺に住むのがいいと言えるかもしれませんね。

引用元:土地代データ(https://tochidai.info/kanagawa/hiratsuka/)

小学校・中学校の学区と周辺エリアの特徴

平塚市には28の小学校15の中学校があり、通学区域は小学校によって変わります。基本的には小中と同じ仲間と学ぶことになるので、お子さんのことを考えれば、学校に通いやすい場所を選んだ方がいいでしょう。

基本的に、小学校の場所は市内である程度均等に散らばっています。相模小学校・神田小学校は非常に近くにある学校ですが、住む場所によって通う学校が変わるので「どちらの小学校に通わせたいか」という点も住居を構える選びのポイントの一つになるかもしれません。

中学校も、比較的エリアは均等に散って位置しています。中でも平塚駅近辺には4、5校があり、海の近い学校もあります。あまり大通りに面していると通学面での問題が出てくるかもしれませんから、学校までの経路についても、あらかじめチェックしておいた方がいいでしょう。

助成金・補助金について

鎌倉市には新築物件を建てる際の助成金や補助金などの制度はありませんが、1981年5月31日以前に建築公示に着手した一戸建て住宅、二世帯住宅などを対象に、上限80万円の改修費の補助が受けられます。

もし、このエリアで古い住宅を買うということであれば、耐震目的の改修なども考えておいたほうがいいかもしれませんね。

まとめ

平塚市は神奈川県の相模湾に面する、市で藤沢市と小田原市の間に位置している市です。

閑静な住宅街が広がり、比較的落ち着いた雰囲気だといえます。平塚市は自然が豊かで、公園も多いことから、子育てをするには非常に適した場所といえるかもしれません。

箱根山や富士山を遠望することができ非常に温和な気候なので、年齢を重ねても住みやすいでしょう。また、東京まで電車で1時間程度ということから通勤や、将来子供が大学へ進学する時のことを考えると、立地としても魅力的です。

子供が巣立った後に、夫婦2人で暮らす場合でも海岸付近に病院も多く、海岸の浜辺を散歩できるので老後も穏やかに過ごすことができるでしょう。

今回ご紹介した情報については、平塚市の公式サイトから、詳しい情報を見ることができるので、ぜひ公式サイトも利用してみてください。

自分らしい家をかなえる湘南のおすすめ工務店は?

愛する湘南で注文住宅を建てるなら、やはり自分たちがイメージする家づくりをしている工務店に依頼しましょう。湘南にある工務店のなかから、評判のよい3社をピックアップしました。あなたがイメージする理想の住まい、さっそく探してみましょう。

ラ・ボワット

湘南の工務店:ラ・ボワット工房

デザインから機能性まですべてに最適な住空間を提供

建物の外側から断熱材で覆い囲むことで、高い室内保温を実現している唯一の工務店。デザインはシンプルモダンでナチュラルカフェスタイル。ゼロエネ住宅も。

ラボワットのスペック

「ラ・ボワット」の施工事例を公式HPで見る

ベストホーム

湘南の工務店:ベストホーム

シックでモダンなデザインが得意の工務店

湘南エリアを中心に家づくりを続けています。キソパッキンとよばれる床下全域を換気できる工法で、長持ちする家をカタチにしてくれます。

ベストホームのスペック

「ベストホーム」の施工事例を公式HPで見る

せらら工房

湘南の工務店:せらら工房

赤レンガ倉庫を思わせるおしゃれなレンガ調の家造り

高性能な赤レンガの住まいづくりを行っている工務店。耐震性も抜群で家族をいつまでも守ってくれます。

せらら工房のスペック

「せらら工房」の施工事例を公式HPで見る

注文住宅で評判の優良工務店ガイド【湘南編】
湘南にある住宅事例集
注文住宅建設の流れ
湘南エリアの住みやすさガイド
湘南で注文住宅を建てる前に知っておきたい基礎知識
湘南に住む際に気を付けたいこと・注意点をまとめました

【免責事項】 このサイトは2016年6月時点の情報を個人的に収集し作成しています。 最新の情報は各公式サイトをご確認ください。

PAGE TOP