HOME » 湘南エリアの住みやすさガイド » 海と太陽とみどりの中で人が輝き、街が輝く湘南・茅ヶ崎

海と太陽とみどりの中で人が輝き、街が輝く湘南・茅ヶ崎

神奈川県茅ヶ崎市といえば、湘南海岸公園やサザンビーチといった海に関するイメージが強く、海水浴場や観光地として非常に人気の高いエリアです。

そんな茅ヶ崎市に家を持つなら、周辺環境はもちろん、子育て情報についても知っておきたいものです。今回は茅ヶ崎市の子育て情報や支援制度、特徴などについてご紹介します。

茅ヶ崎市の子ども子育て支援制度について

子供

子育てをするにあたり、その地域がどのように子育て支援やサポートを行っているのか?は、とても重要になります。

子育てへの考え方や方針、支援内容はそれぞれの市によって若干変わってくるからです。茅ヶ崎市が子育て支援についてどのような考えを持っているのか、事前に調べておくと良いでしょう。茅ヶ崎市では「質の高い幼児期の学校教育、保育の総合的な提供」「保育の量的拡大、確保」「地域の子供、子育て支援の充実」の3つを掲げ、子育て支援政策に取り組んでいます。

これらの具体的な取り組み方として、幼児期の学校、保育、地域での子育て支援を提供できる認定こども園の普及を進め、これまで複雑だった設置手続きの簡素化、財政支援の充実、強化を図っています。

現在都心部で問題になっている待機児童解消のために、計画的な施設整備や受け入れ人数の増加を進めています。また、乳幼児から参加可能なリースペースの解放を公民館で行っていたり、絵本やパズル、積み木などが自由に使える「子どもの家」を市内に6箇所設置。

他にも親子が利用できるフリースペースを提供している施設が市内に20箇所あり、ちょっとした気分転換や、お友達作りの場として活用できそうです。

子育ての悩みを相談することのできる「茅ヶ崎市こどもセンター」では、子供の発育に対する悩みや、子育ての相談やイライラして怒鳴ってしまうなどのストレスを緩和するためにサポートを受けることができます。

初めての子育ての場合、不安や精神的な疲れというのは感じてしまいやすいので、茅ヶ崎市が提供している支援制度などを上手く利用すれば、不安の解消などに役立てることができます。

茅ヶ崎市のこどもの手当・助成金について

乳幼児

子供を育てていく中でお金というのはどうしても必要になります。そのため、手当や助成金などの支援制度を上手に利用し、家計の負担を減らすことはとても大切です。

茅ヶ崎市のこども手当・助成金を知っておき、スムーズに手続きが行えるようにしておきましょう。

茅ヶ崎市では、児童手当、児童扶養手当、医療費助成、特別児童扶養手当、ひとり親家庭などの医療費助成などの手当・助成金制度を受けることができます。これらの申請先は、茅ヶ崎市役所子育て支援課、その他の出張所、支所となっているので、不明な点がある場合は近くの施設に問い合わせてみてください。

現在の所得状況や、家族環境によっても受給できる金額や、受給できる手当などが変わるため、確認をしてみるのが良いでしょう。

茅ヶ崎市の学校教育に関する指針について

学生

子供が成長すると、小学校、中学校、高校と地元の学校へ通うことになります。その学校の方針や、茅ヶ崎市が取り組んでいる学校教育についても知っておくと、学校選びや今後の進学に活かすことができるでしょう。

茅ヶ崎市では、学校教育に関する指針として、大きく分けると2つ掲げています。それは、「学び続ける意欲と学力を育てる学校教育の推進」と、「心がふれあい、安心して学ぶことができる学校教育の推進」です。

質の高い学びの実現や児童・生徒指導の充実、学校運営の活性化、学校支援・地域連携の推進を掲げています。

茅ヶ崎市では小学生からの「こども会」を実施し、地域で子供を育てていこう!という取り組みを積極的に行っています。

こども会に参加すると夏祭りやクリスマス会、新入生歓迎会など楽しい行事がたくさんあります。こども会に参加することで、近所の人との交流が増え、学年を超えた交流ができ、親同士や地域の方とのつながりが増えます。

他にも「学童保育」や放課後に子供たちが安全に遊ぶことのできる「小学校ふれあいプラザ」を設置、茅ヶ崎市内の図書館では子供に本を好きになってもらうための取り組みなども行われています。

茅ヶ崎市の教育としては、学年を超えた交流や地域密着型の子育てをサポート・支援し地域で子供たちを育てていくという姿勢を感じます。

茅ヶ崎市の特徴について

茅ヶ崎

茅ヶ崎市は相模湾に面しており、相模川河口周辺にある都市です。

平塚市と藤沢市の真ん中に位置し、東京都心部まで電車で55分とアクセスも良好です。海岸沿いに位置することから、マリンスポーツが盛んで、サーフショプなどをよく見かけます。また、湘南らしさを求めて移住してくる住民が多く、海外のような雰囲気から、個人の輸入雑貨店なども多く見られます。

夏場になると、湘南海岸やサザンビーチちがさきという海水浴場に、海水浴客で賑わいを見せます。姉妹都市として、アメリカのハワイ州ホノルルと提携しており、ホノルル6日間のツアーを茅ヶ崎市が企画するなど、市民同士が積極的に交流しています。茅ヶ崎市長がホノルルを訪れたり、ハワイ州知事夫人が茅ヶ崎を訪問したり、市長自ら学校でハワイの食文化について教育する姿もみられます。

また、学校給食に「ホノルル給食」が出されたり、食育講座では「パンケーキでハワイアンランチ」を実施するなど、他の市と比較すると特色ある地域と言えそうです。子供の頃から異文化や海外の文化に触れることができるというのは、子供の感性を養うためにもきっとプラスになるでしょう。

まとめ

茅ヶ崎市は、海と山に囲まれた非常に自然豊かな場所です。その上、横浜や東京都心部へのアクセスが良いことから、茅ヶ崎市に家を構えて都心まで通勤するという人も多いようです。

子供が小さい頃には、一緒に海や山へ行くこともできますし、成長をして大学進学をする場合でも、関東の都心部であれば実家から通うことも可能です。

車があると便利な環境になりますが、駅前であれば必要ないかもしれません。茅ヶ崎市内には学校も点在していますし、駅前を中心に病院も数多くあるため住みやすいといえるでしょう。

のんびりとしたオシャレな環境で、のびのびと子育をしてみてはいかがでしょうか?

注文住宅で評判の優良工務店ガイド【湘南編】
湘南にある住宅事例集
注文住宅建設の流れ
湘南エリアの住みやすさガイド

【免責事項】 このサイトは2016年6月時点の情報を個人的に収集し作成しています。 最新の情報は各公式サイトをご確認ください。

PAGE TOP