HOME » 湘南で注文住宅を建てる前に知っておきたい基礎知識 » 憧れの湘南で家を建てるなら長期優良住宅制度を利用しよう!

憧れの湘南で家を建てるなら長期優良住宅制度を利用しよう!

長期優良住宅制度とは?

長期優良住宅とは、長期にわたり良い状態で住み続けるための措置が構造や設備に講じられた住宅です。具体的には、次の措置が講じられている住宅を長期優良住宅といいます。

・住宅の構造および設備について長期にわたり良好な状態で使用するための措置が講じられていること。 ・住宅の面積が良好な居住水準を確保するために必要な規模を有すること。 ・地域の居住環境の維持・向上に配慮されたものであること。 ・維持保全計画が適切なものであること。

出典:国土交通省:長期優良住宅のページ

以上の条件を満たす住宅を建てる場合、建築・維持保全の計画を作成し所管行政庁に申請することで長期優良住宅の認定を受けられます。平成28年4月1日から、すでに建っている家を増改築する場合も、条件を満たすことで長期優良住宅の認定を受けられるようになりました。

長期優良住宅制度にはどんなメリットがある?

以上の通り、長期優良住宅の認定を受けるには4つの条件を満たさなければなりません。認定を受けることでどのようなメリットが得られるのでしょうか。長期優良住宅のメリットを紹介します。

住宅ローンの控除

住宅ローンを組んで一定の条件を満たす家を購入した方は、年末のローン残高をもとに算出した金額を所得税などから控除できます。これを住宅ローン控除といいます。住宅ローン控除を受けるには次の条件などを満たさなくてはなりません。

以上を満たす方は、年末のローン残高の1%を所得税などから控除できます。控除期間は最大で10年です。ローン残高の限度額は一般住宅で4000万円、認定住宅(認定長期優良住宅・認定低炭素住宅)で5000万円。つまり、一般住宅は最高で400万円(年間40万円×10年)、認定住宅は最高で500万円(年間50万円×10年)を所得税などから控除できます。控除できる金額が多くなる点が長期優良住宅のメリットです。

不動産取得税の控除

不動産取得税とは、不動産を取得したときに課される税金です。税額は次の計算式で求めます。

固定資産評価額×4%(平成33年3月31日までは3%)

取得した不動産の課税床面積が50㎡以上240平方メートル以下の場合は次の計算式となります。

(固定資産評価額-1200万円)×3%

所得した住宅が、同じ条件で長期優良住宅の場合は次の計算式となります。

(固定資産評価額-1300万円)×3%

長期優良住宅は控除額が100万円アップするので不動産取得税が安くなります。

登録免許税の控除

登録免許税とは、登記などを行うときに課せられる税金です。登録免許税は「固定資産税評価額×税率」で求めます。一般住宅の所有権保存登記にかかる税率は0.15%(本則は0.4%)です。軽減措置が講じられている長期優良住宅の所有権登記にかかる税率は0.1%です。所有権移転登記の税率も0.3%から0.2%(戸建て住宅の場合)に軽減されます。

固定資産税の控除

固定資産税は、毎年1月1日時点の不動産所有者に課される税金です。税額は、「固定資産税評価額×1.4%」で求められます。

課税床面積が50㎡以上280㎡以下の新築住宅は、課税床面積120㎡までの部分の固定資産税が2分の1になります。この条件が適用される期間は、3階建以上で耐火構造・準耐火構造の住宅は5年間、これ以外の住宅は3年間です。

長期優良住宅は、固定資産税が2分の1になる期間が長くなります。具体的には、、3階建以上で耐火構造・準耐火構造の住宅は7年間、これ以外の住宅は5年間になります。

フラット35Sにおける金利優遇

フラット35Sは、住宅金融支援機構が提供する住宅ローンです。特徴は「質の高い住宅取得を金利引き下げで応援する」こと。フラット35の金利から年0.25%引き下げられます。金利引き下げ期間は金利Aプランが最初の10年間、金利Bプランが最初の5年間です。

「質の高い住宅」に挙げられているのが「省エネルギー性に優れた住宅」「バリアフリー性に優れた住宅」「耐震性に優れた住宅」「耐久性・可変性に優れた住宅」です。長期優良住宅は「耐久性・可変性に優れた住宅」に該当します。よって、フラット35Sを利用することができます。

長期優良住宅化リフォーム推進事業の補助金が出る

長期優良住宅化リフォーム推進事業は、今ある住宅の長寿命化や複数世帯の同居などを実現するリフォームを推進する事業です。住宅の性能を向上させるリフォームなどを行った場合、補助を受けられます。具体的には、劣化対策・耐震対策・省エネルギー対策などにより、住宅の性能を一定の基準まで引き上げられるリフォーム工事に補助が行われます。

 

補助率は、リフォーム工事費などの3分の1です。限度額はリフォーム後の住宅性能などにより異なります。長期優良住宅の認定を取得せずに一定の基準まで住宅性能を引き上げた場合は100万円(3世帯住宅は150万円)、長期優良住宅の認定を取得した場合は200万円(三世帯住宅は250万円)、長期優良住宅の認定を取得して省エネルギー性能を高めた場合は250万円(三世帯住宅は300万円)が補助の上限となります。

地域型住宅グリーン化事業の補助金が出る

地域型住宅グリーン化事業は、地域の木造住宅生産体制を強化し環境負荷の低減などを図っている中小住宅生産者が、関連事業者とグループを作り優れた木造住宅の整備などを支援することで、中小住宅生産者などが供給する住宅の信頼性を高めることなどを目的にする事業です。

国土交通省が採択するグループに属する中小住宅生産者が一定の取り決めに基づく木造住宅の建築を行う場合、費用の一部が補助されます。補助の対象となるのは以下の新築木造住宅です。

長期優良住宅は長寿命型に該当します。補助金額は、長期優良住宅にすることで増した費用の2分の1以内です。

長期優良住宅に力を入れている会社

湘南エリアで支持されている工務店の中には長期優良住宅に力を入れているところがあります。代表的な工務店を紹介します。

la boite(ラボワット)

長期優良住宅制度ができる前から、認定の基準を満たす家を標準で建てていた工務店です。仕様を変えずに申請するだけで長期優良住宅の認定をとれます。断熱性能と耐震性能に優れた自然素材の注文住宅づくりを得意としています。

せらら工房

100年暮らせる赤レンガの家を建てている工務店です。100年、200年、住み続けることが出来る家を建てるため、社内と第三者機関をあわせて17回の検査を行っています。せらら工房が建てる家は全棟が長期優良住宅です。

オーソリティホームズ

湘南流注文住宅をコンセプトに掲げる工務店です。肌で感じたくなる自然素材を用いた生きることをエンジョイする家づくりを得意としています。建てる家は、長期優良住宅仕様となっています。

以上の工務店などが長期優良住宅に力を入れています。参考にしてみてはいかがでしょうか。

自分らしい家をかなえる湘南のおすすめ工務店は?

愛する湘南で注文住宅を建てるなら、やはり自分たちがイメージする家づくりをしている工務店に依頼しましょう。湘南にある工務店のなかから、評判のよい3社をピックアップしました。あなたがイメージする理想の住まい、さっそく探してみましょう。

ラ・ボワット

湘南の工務店:ラ・ボワット工房

デザインから機能性まですべてに最適な住空間を提供

建物の外側から断熱材で覆い囲むことで、高い室内保温を実現している唯一の工務店。デザインはシンプルモダンでナチュラルカフェスタイル。ゼロエネ住宅も。

ラボワットのスペック

「ラ・ボワット」の施工事例を公式HPで見る

ベストホーム

湘南の工務店:ベストホーム

シックでモダンなデザインが得意の工務店

湘南エリアを中心に家づくりを続けています。キソパッキンとよばれる床下全域を換気できる工法で、長持ちする家をカタチにしてくれます。

ベストホームのスペック

「ベストホーム」の施工事例を公式HPで見る

せらら工房

湘南の工務店:せらら工房

赤レンガ倉庫を思わせるおしゃれなレンガ調の家造り

高性能な赤レンガの住まいづくりを行っている工務店。耐震性も抜群で家族をいつまでも守ってくれます。

せらら工房のスペック

「せらら工房」の施工事例を公式HPで見る

注文住宅で評判の優良工務店ガイド【湘南編】
湘南にある住宅事例集
注文住宅建設の流れ
湘南エリアの住みやすさガイド
湘南で注文住宅を建てる前に知っておきたい基礎知識
湘南に住む際に気を付けたいこと・注意点をまとめました

【免責事項】 このサイトは2016年6月時点の情報を個人的に収集し作成しています。 最新の情報は各公式サイトをご確認ください。

PAGE TOP