HOME » 湘南で注文住宅を建てる前に知っておきたい基礎知識 » 注文住宅の工法について

注文住宅の工法について

注文住宅を建てたいと考えたとき、建物の立地や間取り、デザインなどと並んで重要になるのが、建築工法です。

ただ建てばいい、という訳ではなく、ライフプランを鑑みた上で、何年くらいその家に住むのか、どういった条件をクリアする必要があるか、あるいは予算など、いろいろなものを踏まえた上で、最適な工法を選びたいところですよね。

今回は、注文住宅を建てる際の工法について、ご紹介していきます。

建築工法の種類について

建物を建てる際の工法については、大きく分けて以下のようなものがあります。

細かく紹介していきます。

木造軸組工法(在来工法)

木造軸組工法は、日本における昔ながらの住宅工法で、在来工法とも呼ばれています。

基礎を作って土台をのせ、柱を立て、梁などの水平材を渡し、斜めに補強を入れるという建て方で、骨組みは木材による横軸と縦軸、斜めの軸で構成されます。

現存する日本の住宅のうち、およそ8割がこの工法で建てられているというほどポピュラーな工法で、かつては大工さんの腕が問われたものですが、現在で腕を補う技術も進歩し、個人の技術力によるばらつきは徐々に解消される傾向にあります。

利点としては、設計の自由度が高く、思い通りの間取りを実現しやすい、またリフォームでの間取り変更もしやすい、ということが挙げられます。

また、主流な工法であることから資材の調達も容易で、建築工法の中では最も相場が安い、ということもポイントでしょう。

そして、古くから受け継がれてきた構法であるため、高温多湿な日本の気候風土にも適した工法であると言えます

なお、昭和の時代に建てられたような家だと耐震性の問題を抱えていることがあったのですが、阪神・淡路大震災をきっかけに見直しが行われ、現在では安全性も非常に高くなっています。

2×4(ツーバイフォー)工法

2×4工法は、北米から日本に輸入された工法で、日本での正式名称は「枠組壁工法」と言います。

北米では、およそ9割の建築物がこの工法で建てられているのだとか。

木造軸組工法との大きな違いは、柱や梁を使わないこと。

断面サイズが2×4インチの製材で枠を組み、そこに構造用合板を張ったパネルで壁や天井、床、屋根などを組み合わせて、家を建てていきます。

構造がシンプルなことから、木造軸組工法と比べると技術による出来上がりの差が生じにくく、工期も短くなっています。

2×4工法の特徴としては、耐震性や気密・断熱性、耐火性に優れていることが挙げられます。

床・壁・天井が「面」で構成され、がっちりとした箱型の構造になるため、地震の揺れなどの横から加えられる力に対する耐性が非常に高くなっています。

木造軸組工法と比べると、耐震性は1.5倍から2倍ほどになるのだとか。

また、火に強い石膏ボードを壁下地に張りめぐらすことから、火事などに対する耐性も高くなっています。

欧米由来の工法であることから、洋風スタイルの家を建てたい際は、この工法がおすすめです。

ただ、欠点がないわけではありません。

平面を組み合わせることで強度を出していることから、広々とした空間を作ったり、間取りの一部だけを変更したりという自由度については、木造軸組工法に比べるとどうしても劣ります。

自由度が比較的低く、リフォームもしづらい工法であると言えるでしょう。

プレハブ工法

プレハブ工法の「プレハブ」とは、「Pre-fabricated(前もって部品などをつくる)」という意味の言葉。

その名の通り、部材を工場で生産しており、一部をあらかじめ組み立てる工法を指します。

特徴としては、品質が安定し、大量供給も可能であることが挙げられるでしょう。

また、中には簡易的な印象を受ける方もいるかもしれませんが、耐火性や断熱性、耐久性などについては、建築基準法および住宅品質確保促進法に基づいて性能認定を受けているので安心です。

ただ、部品が工場で一律に作られていることから建築における自由度は低く、リフォームなども困難です。

なお、プレハブ工法は、躯体の素材によって分類が分けられる他、建て方によっても違いが出てきます。

以下、細かく説明をしていきます。

鉄骨系/鉄骨系プレハブの躯体

主に軽量鉄骨を骨組みとしたプレハブ住宅です。

鉄骨の柱と梁、ブレースと呼ぶ部材で骨組みを構成する軸組工法が主流となっており、横から加わる力にも抵抗力を持たせる工夫がされています。

鉄骨の欠点である錆に対しては防錆対策をしっかりと行うことで対処、外壁にはサイディングや軽量気泡コンクリートパネルなど、いろいろな部材が用いられます。

木質系 /木質系プレハブの躯体

木質パネルで、床や壁を組み立てるプレハブ住宅です。

2×4工法に近い工法となりますが、断熱材や下地材まで装填したパネルまでを工場生産するのが木質系の特徴です。

「面」で支える工法なので、地震の力も全体に分散して受け止め、躯体が変形しにくい構造になっています。

コンクリート系 /コンクリート系プレハブの躯体

鉄筋コンクリートで作られますが、プレハブの場合は現場でコンクリートを打つのではなく、工場で製造されたコンクリートパネルを現場に運んで組み立てます。

床・壁・天井パネルを一体化して躯体を構成するため、現場打ちより品質管理が行き届き、コンクリートの品質が安定します。

耐久性、遮音性、耐火性などに優れており、防火地域で建てるのにも適しています。

ユニット系/ユニット系プレハブの躯体

ユニット系は素材ではなく、つくりかたが違います。

工場で鉄骨の柱と梁によるボックス型のユニットをつくり、壁や天井の下地材、建具、設備まで取り付けた上で、現場に運んで、クレーンを用いて組み立てます。

現場に運ばれた時点で家づくりの8割以上が完成しているため、工期が最も短く、品質面の信頼性も高くなっています。

RC・鉄筋コンクリート造

「RC」は「Reinforced Concrete(補強されたコンクリート)」、つまり鉄筋コンクリートのことを指します。

現場で鉄筋を組み、型枠をはめてコンクリートを流し込んだ後、養生をして完成させる工法です。

鉄筋とコンクリート、それぞれの特長を組み合わせることで、強さとしなやかさを併せ持った建物をつくることが可能。

そして、型枠次第でどんな形でもつくれるため、建築家が独特の意匠を凝らした家をつくるときにも用いられます。

そして鉄筋とコンクリートでつくられていることから、耐火性・耐震性・耐久性には非常に優れており、遮音性、断熱性も非常に高くなっています。

デメリットとしては、今回紹介した工法の中では最も工期が長くなること、そして価格も一番高くなってしまうことです。

今日において、一般住宅の建築工法として主流になっているのが、上記の4工法です。

なお、この他に少し変わったものとして、「ログハウス」いわゆる丸太小屋などがありますが、別荘としてはともかく、居住用にはやや不向きです。

増改築や拡張性を考慮して工法を決めよう!

注文住宅を建てる際には、こうしたさまざまな工法のことを頭に入れた上で、将来の増改築は必要か、拡張性などをどの程度持たせるか、といったことまで考えておくといいでしょう。

特に、子どもが生まれ、成長することを念頭に置くのであれば、将来を見据えて増改築ができるような家にしておくのがおすすめです。

自分らしい家をかなえる湘南のおすすめ工務店は?

愛する湘南で注文住宅を建てるなら、やはり自分たちがイメージする家づくりをしている工務店に依頼しましょう。湘南にある工務店のなかから、評判のよい3社をピックアップしました。あなたがイメージする理想の住まい、さっそく探してみましょう。

ラ・ボワット

湘南の工務店:ラ・ボワット工房

デザインから機能性まですべてに最適な住空間を提供

建物の外側から断熱材で覆い囲むことで、高い室内保温を実現している唯一の工務店。デザインはシンプルモダンでナチュラルカフェスタイル。ゼロエネ住宅も。

ラボワットのスペック

「ラ・ボワット」の施工事例を公式HPで見る

ベストホーム

湘南の工務店:ベストホーム

シックでモダンなデザインが得意の工務店

湘南エリアを中心に家づくりを続けています。キソパッキンとよばれる床下全域を換気できる工法で、長持ちする家をカタチにしてくれます。

ベストホームのスペック

「ベストホーム」の施工事例を公式HPで見る

せらら工房

湘南の工務店:せらら工房

赤レンガ倉庫を思わせるおしゃれなレンガ調の家造り

高性能な赤レンガの住まいづくりを行っている工務店。耐震性も抜群で家族をいつまでも守ってくれます。

せらら工房のスペック

「せらら工房」の施工事例を公式HPで見る

注文住宅で評判の優良工務店ガイド【湘南編】
湘南にある住宅事例集
注文住宅建設の流れ
湘南エリアの住みやすさガイド
湘南で注文住宅を建てる前に知っておきたい基礎知識
湘南に住む際に気を付けたいこと・注意点をまとめました

【免責事項】 このサイトは2016年6月時点の情報を個人的に収集し作成しています。 最新の情報は各公式サイトをご確認ください。

PAGE TOP