HOME » 湘南で注文住宅を建てる前に知っておきたい基礎知識 » 税金が安くなることも!住宅ローン減税とは

税金が安くなることも!住宅ローン減税とは

住宅ローン減税は、住宅を買いやすくするための優遇制度

住宅ローン減税は、正式名称を「住宅借入金等特別控除」といいます。ほかに「住宅ローン控除」という呼び方をされることもあります。

ほとんどの人にとって、家は非常に大きな買い物です。多くの場合は住宅ローンを組んで購入することになります。住宅ローンの負担を少しでも軽くするため、税金を軽減して住宅の購入を促す目的で作られました。

住宅ローンで家を買った場合、10年間に限って所得税を軽減してくれるのが、住宅ローン減税です。軽減してもらえる金額は、住宅ローンの残高によって決まります。

しかし、住宅ローンを組んでいる人ならば、誰でもこの恩恵を受けられるわけではありません。制度を利用するためにはさまざまな細かい条件があります。では、その条件を詳しく見ていきましょう。

住宅ローン減税が適用されるための条件とは?

住宅ローン減税を利用する場合、以下の条件を満たしている必要があります。

こうして並べてみると厳しそうに思えますが、ほとんどの場合は意識していなくても条件は満たせます。よくわからない場合は、家を買うときに利用した不動産業者やローン会社に問い合わせてみましょう。

住宅ローンの借入先によっては、制度が利用できないことも

気をつけなければいけないのは、住宅ローンの借入先です。親戚や知人から借りたお金については、どれほど額が大きくても住宅ローン減税の対象にはなりません。

勤めている会社によっては、社員に対して住宅購入資金の貸し出しを行っていることもあります。その場合も金利などの規定を満たしていれば住宅ローン減税の対象になりますが、なかには条件が合わない場合も。会社に問い合わせれば、住宅ローン減税が利用できるか教えてもらえるはずです。

もう一つ注意すべきは、ローンの返済期間です。繰り上げ返済などでローン返済期間が10年を切ってしまうと、その時点で住宅ローン減税は利用できなくなります。繰り上げ返済で節約できる利子の金額と、住宅ローン減税で軽減される税金の額と、どちらがお得なのかよく考える必要があります。 

住宅ローン減税で軽減される金額は、住宅ローン残高の1% 

住宅ローン減税の対象になると、どのくらい税金が安くなるのでしょうか。

簡単な計算方法としては、その年の12月31日時点での住宅ローン残高の1%と考えておきましょう。その金額よりも所得税のほうが少ない場合は、残りの減税分が住民税から差し引かれます。

住宅ローン減税が受けられる期間は10年間。合計で最大500万円まで減額されます。しかしこれは、「認定長期優良住宅」や「認定炭素住宅」といった省エネ住宅を購入して、ローン残額が4,000万円以上ある場合のみ。ほとんどのケースでは、最大額の控除を受けることはできません。

また、家の購入時期や入居時期によって、減税される金額も変わってきます。詳しい計算方法などが知りたい場合は、税務署に問い合わせてみましょう。

実際にいくら戻ってくるのか知りたい!

住宅ローン減税は、適用条件の項目がたくさんあったり、計算方法もいまいちよくわからない、といった方も多いのではないでしょうか。

そこで、具体例をあげてもうすこしわかりやすく住宅ローン減税をみてみましょう。

住宅ローン減税の最大控除額は?

控除期間や控除額の計算方法は、居住を開始した年月日によって決められています。平成26年から平成33年12月31日までは、一般住宅の場合「借入金等の年末残高×控除率1%」でもとめることができます。控除期間は10年間です。最大控除額は40万円と決められています。そのため、10年間の最大控除額は400万円になります。

また、「認定長期住宅」や「認定炭素住宅」の場合は、各年度の最大控除額が50万円となるため、10年間の最大控除額は500万円という計算になります。

参考:「No.1213住宅を新築又は新築住宅を取得した場合(住宅借入金等特別控除)」国税庁

全ての人が最大控除額が適用されるわけではない

年間40万円、10年で400万円ものお金が戻ってくるとなると、家計は大助かりですよね。しかし、実際に控除される額の計算には、ローン残高や納めた所得税が関係してくるため、最大控除額は全ての国民に適用されるわけではありません。

具体的には

  1. 控除額の最大控除額40万円、もしくは50万円
  2. 住宅ローンの年末残高の1%
  3. 納めた所得税額(控除しきれない場合は住民税からも一部控除される)

以上の3つの中で、最も少ない額が控除額ということになります。

 

ローン残高2,500万円、年収400万の場合の具体例

文字だけの情報では、具体的にイメージしづらいため、具体的な数字を用いて実際の控除額を計算してみましょう。

ローン残高が2,500万円、扶養家族・妻、年収400万円のサラリーマンの場合です。
控除額上限は

所得税と住民税から計算した控除額は

所得税5.5万円と住民税11.5万円の合計、約17万円が控除額になります。

 

 

住宅ローン減税を受けるために覚えておきたいこと

住宅ローン減税が適用されるためには、確定申告書を提出する必要があります。会社勤めのサラリーマンの場合、確定申告をしたことがない、という方がほとんどです。

住宅ローン減税をうけるために確定申告が必要なのは、所得税などの申告とは別の「還付申告」をする必要があるからです。会社で行う年末調整で手続きができないのは、1年目のみなので、2年目からは年末調整での手続きが可能になります。

そのため、家を購入した1年目は、自分で税務署で手続きを行わなくてはいけないのです。

確定申告ってどこでするの?

確定申告はお住いの管轄する税務署で行います。湘南地区の場合は、藤沢市、平塚市、大和市等に税務署があります。※1

また、平日は会社があるため申告書の提出ができないといった方のために、申告期間の決められた日程に、土日や祝日でも提出ができる日が設定されています。※2

参考:
※1「税務署所在地・案内(神奈川県)」国税庁
※2「確定申告に関するお知らせ」神奈川県

必要書類は?

住宅ローン減税をうけるための確定申告で必要になる書類は以下の通りです。

それから

こちらの2つの書類を税務署から入手する必要があります。税務署まで足を運び、「住宅ローン減税で確定申告したい」旨を伝えれば渡してもらえますし、ネットで書類を入手することもできます。

提出は郵送でもできるが税務署での提出がおすすめ

書類に記載し、必要書類を揃えて税務署に提出することになります。提出は郵送でもできますが、はじめての確定申告でしたら、相談もできる税務署で提出するのがおすすめです。

書類や提出物に不備はないかなどをチェックしてもらえますし、不明な点なども親切に教えてもらえますので、スムーズに確定申告ができます。

自分らしい家をかなえる湘南のおすすめ工務店は?

愛する湘南で注文住宅を建てるなら、やはり自分たちがイメージする家づくりをしている工務店に依頼しましょう。湘南にある工務店のなかから、評判のよい3社をピックアップしました。あなたがイメージする理想の住まい、さっそく探してみましょう。

ラ・ボワット

湘南の工務店:ラ・ボワット工房

デザインから機能性まですべてに最適な住空間を提供

建物の外側から断熱材で覆い囲むことで、高い室内保温を実現している唯一の工務店。デザインはシンプルモダンでナチュラルカフェスタイル。ゼロエネ住宅も。

ラボワットのスペック

「ラ・ボワット」の施工事例を公式HPで見る

ベストホーム

湘南の工務店:ベストホーム

シックでモダンなデザインが得意の工務店

湘南エリアを中心に家づくりを続けています。キソパッキンとよばれる床下全域を換気できる工法で、長持ちする家をカタチにしてくれます。

ベストホームのスペック

「ベストホーム」の施工事例を公式HPで見る

せらら工房

湘南の工務店:せらら工房

赤レンガ倉庫を思わせるおしゃれなレンガ調の家造り

高性能な赤レンガの住まいづくりを行っている工務店。耐震性も抜群で家族をいつまでも守ってくれます。

せらら工房のスペック

「せらら工房」の施工事例を公式HPで見る

注文住宅で評判の優良工務店ガイド【湘南編】
湘南にある住宅事例集
注文住宅建設の流れ
湘南エリアの住みやすさガイド
湘南で注文住宅を建てる前に知っておきたい基礎知識

【免責事項】 このサイトは2016年6月時点の情報を個人的に収集し作成しています。 最新の情報は各公式サイトをご確認ください。

PAGE TOP