HOME » 湘南で注文住宅を建てる前に知っておきたい基礎知識 » 人気の湘南で注文住宅を建てたい!コストダウンのコツ

人気の湘南で注文住宅を建てたい!コストダウンのコツ

憧れの湘南暮らし。マイホームを建てるにはできるだけコストを抑えたいですよね。コストダウンのコツをご紹介しましょう。

シンプルな箱型の構造でコストダウン!

建物の形はシンプルな箱型にすることが大切。

同じ面積でも形が複雑になればなるほど建材も多く必要になり、コストがかさんでしまいます。

具体的には、凹凸が増えるごとに必要な部品や処理が増え、材料費や工事費が増えるとイメージして下さい。

屋根の形もシンプルにしましょう。急勾配で面の多い屋根は足場も余分に必要になるなど工事費がかさみ、工事期間も長くなります。

勾配を出来るだけゆるやかにし、切妻や片流れなど単純な形状の屋根にします。 建物の形がシンプルだと、コストを削ることができるだけでなく総合的な耐久性も高くなるというメリットがあります。

1階と2階の面積が同じ「総2階建て」にしよう

シンプルな形状にする点と重なりますが、2階建てにする場合は1階と2階の床面積を同じにする「総2階建て」にしましょう。これによって基礎や柱などの構造部と屋根材は必要最小限で済みますし、工事も短期間で終了します。

2階の面積が少なくなり形が複雑になると、材料費や工事費、工事期間が増えることになるでしょう。

間取りはオープンにしてパーテーションや引き戸を利用しよう

部屋はひとつひとつに壁や扉、窓などの建具が必要になるので、部屋数を出来るだけ少なくし、オープンな間取りにすることもポイントです。家族構成の変更などで部屋を分ける必要が生じた際には、間仕切りとして簡易引き戸やパーテーションなどを活用すれば、臨機応変に部屋数を増やすこともできますね。

キッチンとリビング、ダイニングに間仕切りを設けず、LDKの一角に階段を設けることで40万円程度の費用が削減できます。

例えば、子どもが3人いる家庭であれば3つ部屋を作るのではなく、パーテーションで仕切るなどすれば1部屋で済みます。子ども部屋を間仕切りなしにするだけで15~30万円程度のコストダウンになるといいます。

収納スペースやウォークインクローゼットなど、必ずしも扉を付けなくても良い場所にも、カーテンやパーテーションを利用して上手に間仕切りをすることでもコストダウンが可能です。小さなクローゼットを複数設ける場合と、大きいクローゼットを1つ設ける場合だと、後者のほうが断然安く済みます。

「奥行きがある収納は使いづらい」といいますが、ウォークインクローゼットにすればその問題は解消されます。家族で共有する場合、衣装ケースや棚、ハンガーで分けて区別すれば個人スペースも作れます。

2つのクローゼットを1つにまとめるだけで、10~20万円ほどコスト削減できることがあります。また、クローゼットの扉を省くことでも5~10万円程度費用削減できます。

窓の大きさ、数を調整しよう

西日が射す方角に窓を造らない工夫や、光が当たらず風の通りも少ない方角には換気用として小さく設けるなど、窓の大きさと数を調整してみましょう。

窓の数が少なく小さいほど冷暖房効果が高まり、将来的な光熱費も抑えることができます。特に1階の窓を小さめに造ることは防犯面から考えてもメリットがあるでしょう。

階段は仕切らず、リビングから2階へ直接渡そう

階段を造るためのスペースを取り分けてしまうと、床面積を取られてしまうだけでなく建具も余分に必要になります。

リビングから2階へ直接つながる階段を造ることでコストダウンを実現するともに、家族・子どもの様子を把握しやすいオープンな間取りに仕上がります。

外構・エクステリアもシンプル構造にしよう

カーポート・フェンス・門などは取り付けないか、シンプルで手ごろな素材のものにしましょう。

これらは必要に応じて後からでも取り付けることができます。フェンスや門は敷地を仕切る役目は果たすものの、よほどの高さが無い限り防犯面ではあまり影響がありません。

フェンスや門はない方がより広く、開放的な外観に仕上がります。 まずはシンプルな構造にしておいて、目隠しとして何かを取りつけたい場合には、樹木や植物、フェイクグリーンの配置や市販の手ごろな柵などを後からしつらえてもよいですね。

リーズナブルでもステキな外観にカスタマイズして楽しめるでしょう。

床面積を減らそう

単純に床面積を減らすことも視野に入れてみましょう。

面積が1㎡でも広ければ、材料費や施工費がアップします。「わずか1㎡程の差」と思いがちですが、場合によっては面積が1㎡狭いだけで10~20万円のコストダウンになることもあります。

床面積同様、補強工事費がかかるバルコニーの面積も最小限に抑えることを考えましょう。

設備は近い位置にまとめよう

キッチン、洗面所、トレイ、浴室などの水回りの設備は、なるべく近い位置にまとめたほうがよいでしょう。

1階と2階に設備が分かれた場合でも同じです。これらの設備には配管工事が必要となり、あちこちに点在しているとそれだけ配管が長くなり、材料費や工事費がかさみます。

また、道路との距離が近ければ近いほど配管が引き込みやすく、コストダウンできます。後のメンテナンスも楽になるというメリットもあります。

仕上げ材を統一しよう

湘南エリアは海に面しているところもあるため、注文住宅を立てる場所によっては壁に潮風が当たります。

そのため、塩に強い素材を選ぶ必要があると思います。しかし、壁や床に使用する材料はなるべく同じ種類で統一したほうがよいでしょう。

安価な材料だからといって何種類も選んでしまうと、結局はコストがかかってしまいます。樹脂サイディングなら樹脂サイディングで統一することで、コストダウンしましょう。

自分らしい家をかなえる湘南のおすすめ工務店は?

愛する湘南で注文住宅を建てるなら、やはり自分たちがイメージする家づくりをしている工務店に依頼しましょう。湘南にある工務店のなかから、評判のよい3社をピックアップしました。あなたがイメージする理想の住まい、さっそく探してみましょう。

ラ・ボワット

湘南の工務店:ラ・ボワット工房

デザインから機能性まですべてに最適な住空間を提供

建物の外側から断熱材で覆い囲むことで、高い室内保温を実現している唯一の工務店。デザインはシンプルモダンでナチュラルカフェスタイル。ゼロエネ住宅も。

ラボワットのスペック

「ラ・ボワット」の施工事例を公式HPで見る

ベストホーム

湘南の工務店:ベストホーム

シックでモダンなデザインが得意の工務店

湘南エリアを中心に家づくりを続けています。キソパッキンとよばれる床下全域を換気できる工法で、長持ちする家をカタチにしてくれます。

ベストホームのスペック

「ベストホーム」の施工事例を公式HPで見る

せらら工房

湘南の工務店:せらら工房

赤レンガ倉庫を思わせるおしゃれなレンガ調の家造り

高性能な赤レンガの住まいづくりを行っている工務店。耐震性も抜群で家族をいつまでも守ってくれます。

せらら工房のスペック

「せらら工房」の施工事例を公式HPで見る

注文住宅で評判の優良工務店ガイド【湘南編】
湘南にある住宅事例集
注文住宅建設の流れ
湘南エリアの住みやすさガイド
湘南で注文住宅を建てる前に知っておきたい基礎知識

【免責事項】 このサイトは2016年6月時点の情報を個人的に収集し作成しています。 最新の情報は各公式サイトをご確認ください。

PAGE TOP